とりあえず自分のペースで

ふうまくんのこととかいろいろ。

誰にも負けない人生を歩む風磨くんが好きだ

 

とにかく風磨くんが好きで好きでたまらない毎日です。

 

先月華々しく幕を閉じたSTAGEツアーで目にした風磨くんも本当に素敵な部分がたくさんあってこの気持ちを書き留めておきたいと思いつつも、自分の拙い言葉では自分が目にしたたくさんの素敵な風磨くんの魅力が半減してしまうような。そんな感じがしてしまってどうしようかと悩みながらもやっぱり今のこの気持ちを残しておきたいという思いが強いので、また何年後かにこの記事を見た風磨くんを応援しているであろう未来の自分に向けて今の素敵な風磨くんを伝えようという思いで書きます。

 

私がSexy Zoneを応援し始めて一年と少しが経ちました。

 

そんな中でずっと心の中で引っかかていたことがありました。

それは「3人体制時代の事を知らない自分」でした。

 

STAGEツアーラストの5月7日に最後の挨拶で風磨くんが3人体制の時のお話をしてくれました。私の席の周囲にも思わず泣いてしまった方もたくさんいて、この方たちはどんな時も今までずっとSexy Zoneを応援してきたのだろうなと思いました。

私はそんな方たちを見て

「なぜ自分はその時のSexy Zoneを応援していなかったのだろう」

と悔しく、そして悲しくなってしまいました。

泣くことが良いとか悪いとかではなくて、周囲の人が知っている過去の5人を私は知らなくて、そしてこれからもその空白の期間は情報という形でしか知ることが出来なくてどうしたって埋められないのだと改めて感じたからです。

だけどじゃあ結成後すぐに、もしくはデビュー前から風磨くんを応援していたことが良かったのか、それが正解なのかと言われればそれは違うなと思います。

今このタイミングで好きになって応援していることが一番ベストで幸せだと感じます。

 オーラスが終わった後もずっとそのことで悶々としていましたがやっと答えがでました。

それはこれから10周年、20周年とどんどん大きくなっていくSexy Zoneをこれからもずっと応援していくこと、そして何年後かに大きな会場のステージの上で「5周年の時はこんなことしたよね~」と話す5人の姿を見れることを楽しみにこれからの未来を楽しむことだなと思いました。

今までずっとSexy Zoneを応援している上である意味私の中でコンプレックスになっていたことが、今やっと綺麗に消え去った気がします。

 

また風磨くんが言ってくれた

 「負けんなよ!俺らも負けないから!!」

 という言葉がツアーが終わってからもずっと私の心の支えとなってくれています。

 「5人も毎日負けないよう頑張っているんだな」

 「私と同じように毎日戦っているんだ」

 そう思うと何だかいつもコンサートはもちろんテレビや雑誌で5人を見ていると私とは住む世界の違う遠い存在なんだなあと思っていたけど、意外と近くで私と同じように毎日を生きているんだと感じることができました。そう思うことで今まで頑張れなかったことが「なんだ楽勝じゃん」と思えるようになりました。だって負けたくないですから。

 

「負けんなよ!」って言葉がスッと出る風磨くんがたまらなく好きなのですが、以前何かの雑誌でも風磨くんは「誰にも負けない人生を歩みましょう」と言っていてその言葉を目にした時こんな言葉が出てしまう風磨くんってすごいなあとただただ尊敬しました。

今まで生きてきた人生の中で「誰にも負けない」なんて思った事なんて一回もありませんでした。多分考えてる人なんてそういない。

風磨くんはずっと誰にも負けない人生を歩もうとしているんだなあ。

そう思うとこの人の人生をずっと見続けていきたいと思いました。

 

風磨くんは何をしても私の考えていたことを楽々飛び越えてもっとすごいものを見せてくれます。

「なんでそんなこと思いつくの!?」ってことをサラッと口に出しちゃいます。

そんな風磨くんをこの先もずっと応援していきたい。

 

今回のツアーで「一生をかけて恩返しをしていく」と話してくれた風磨くん。

風磨くんが一生をかけてくれるなら私も一生をかけて風磨くんを応援していきたいと思いました。

私はそんなに意志が強い方でもなければどちらかというと飽きっぽい方だと思います。

だけれどもこれからもこの先も風磨くんを好きでいられる自信があります。

 

風磨くんを応援している私の人生は誰にも負けていないし、これからも負ける気がしません。

 

最高にカッコ良くて可愛くて人一倍優しくて温かくてこれからもずっと誰にも負けない人生を歩み続けるであろう風磨くんの未来が楽しみで仕方がありません。

風磨くんの輝く未来をこれからも応援していきます。

風磨くんの未来に幸あれ。