読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とりあえず自分のペースで

いつまでもアイドルをでろでろに褒め称えて生きたい。

建築アイドル

伊野尾慧 建築アイドル 嵐にしやがれ

今日放送された嵐にしやがれでの伊野尾くんの建築に関する話がとても胸に響いたので忘れないようにブログに書き留めておこうと思います。

 
まずここでの場面。

f:id:kuzuson:20160101223813j:image
 
大野くんに「建築学科卒だもんね?」と言われ、それに対して「大学出ただけですよ?」と答える伊野尾くん。
 
もし私が伊野尾くんの立場だったら「はい!そうです!!」と全力で答えてしまうと思います。「私は大学で4年間頑張って建築を学んできました!」というのをアピールしたいと思います。
しかし伊野尾くんは違いました。
「大学出ただけですよ?」とサラッと受け答えていました。学業とアイドル業の両立という並大抵ではいかないことを、見事にやってのけたのだからもっと誇りに思っていいんじゃないかなぁと思うのですが、それを頑張ったアピールをしない伊野尾くんは最高にカッコ良かった。
 
 

f:id:kuzuson:20160101224756j:image
 
なぜ建築を学ぼうとしたのかと聞かれた伊野尾くんは「アイドルだけでは食っていけないなと思ってた」と答えた。
高校生の時にきちんと将来を見据えて、この先自分の仕事がどうなっていくのか、大学で何を学べば仕事につながりそしてメンバーの力にもなれるかを考えるなんてすごい。
そして今その大学で学んだことが、番組に求められていて、そしてそれがまた伊野尾くん自身がやりたい事とガチッとはまっている。これから先まだまだ沢山の方面ではまっていくんだろうなと思います。
 
 
 
 
 
そして続いてはこちら。

f:id:kuzuson:20160101225842j:image
 
f:id:kuzuson:20160101225852j:image
 
この大野くんの言葉がサラッと言っているように見えて、伊野尾くんの夢の後押しをしてくれている風に見えました。
今年のコンサートでは伊野尾くんの建築の知識が生かされたものが形となってほしいなと思いました。
 
 
 

f:id:kuzuson:20160101230135j:image
 
2016年の抱負を聞かれた伊野尾くんは「建築アイドルとしての立場を確立したい」と答えました。
まだだれも開拓していない「建築アイドル」という道を伊野尾くんに切り開いていってほしいなと思いました。
伊野尾くんにしか出来ないこと。アイドルという仕事をこなしながらも建築学科を卒業した伊野尾くんだからこそ出来ることが沢山ある。
 
これからも伊野尾くんの輝きを見守っていきます。
 
 
 
 
 
 
 
読んで頂きありがとうございました。