とりあえず自分のペースで

可愛くてカッコ良くて楽しい最高な人達

明日を駆ける少年たち 感想メモ

今年に入ってすぐに大橋くんが気になり始め、必死にチケットを探して入ることの出来たリューンで心を鷲掴みにされ、その勢いのまま春松竹のチケットも探して入ってもうズブズブになってる。

 

そしてやって来た少年たち。まさかの全滅。当たる気満々だった過去の自分よ…

 

そんなこんなでありがたいことにご縁があり、夏も大橋くんのカッコいい姿をこの目で見ることができた。嬉しい。

 

 

大阪松竹座

【2018/8/5 17:30公演】

 

 

 

 

大阪松竹座

【2018/8/25 17:30公演】

 

 

 

楽しかったー!次は秋の梅芸!!

あ!あとクリパも決まったね!嬉しい〜〜

 

 

嵐のワクワク学校2018 ~毎日がもっと輝く5つの部活!~ 感想メモ

【6/9(土)17:00開演、6/10(日)11:00開演 感想メモ】

 

SEXY ZONE repainting Tour 2018

ずっと今回のツアーの感想をまとめたいって思ってたけど、楽しかったことがたくさんありすぎて上手くまとめるにもまとめられず、ツアーオーラスから2ヶ月たった今、やっとこさこうしてブログにまとめられることが出来た!!いや~~時間がかかった!!

ツアーを振り返ると次々とあ!こんなこともあった!!とかこの景色最高だった!!とか思い出してツアーが終わってもなお幸せにしてくれるセクシー達本当にカッコいいぞーーー!!好きだ!!!!

 

今年はセトリ順に感想を書いてみた。ほぼほぼ風磨くんに関すること。

 

ちなみに今回入った公演は、大阪城ホール3/30・3/31両部と横浜アリーナ5/42部・5/51部・5/61部。

 

◯OP前

画面に映し出されたツアーロゴに心臓の拍動みたいにドクンドクンと光が走ってる。開演が近づくにつれ拍動がどんどん早まっていく。この時のドキドキする感覚が本当に好き。普段生活していても味わえない、コンサート独特の高揚感が高まっていくあの会場の空気と自分の中で次第に血が騒ぎ出す感覚がたまらん。

 

◯OP

OP全体が「THE菊池風磨」って感じ。絶対これ風磨くん好きなやつやん~~~ちょっと海外アーティストっぽい。途中、各地方ごとに違う映像あり。その会場のある都道府県の名物名所をバックに記念写真を撮ってる風の5人がめっちゃかわいい。(大阪と横浜バージョンしか知らんけど他も絶対かわいいはず)風磨くん紹介部分の映像が他のメンバーの映像と比べてどこか切ない。プラスちょっと知的な雰囲気。

 

◯Unreality

私的初日にネタバレを一切踏まずに入って本当に良かった!!イントロが流れ始めた時に体が震えた。今回のアルバムの中で1番好きな曲で、しかもこの曲を最初に持ってくるなんて微塵も思ってなかった。してやられたわ~~~。そしてこの曲と言えばふまけん背中合わせ。なんだかねっとりしてる。もう私の細胞という細胞が暴れまくった。

 

◯Ignition Countdown

Unrealityに続きアルバムの中で好きな曲。この曲でUnrealityによって生まれた会場の熱気が一気に加速する。そしてここでメンバー紹介。風磨くんはTシャツの裾を口で噛んで腹チラ&腰振り。去年のツアーでのrougeで腰振りに耐性がついたのか風磨くん腰振り好きね~って思いながら眺めてた。ニヤニヤしながら。このUnreality→Ignition Countdownの流れが最高。

 

◯ROCK THA TOWN

この曲を聴くとSTAGEを思い出して感傷的になる。今回のツアーにも組み込まれるとは予想してなかったのでびっくり。(STAGE=ROCK THA TOWNっていう構造が私の中にあったからRTTはSTAGEの中で閉じ込めておくのだろうと勝手に思ってた)『Sexyな腰つきで~』のところで斜め一列に並んでるところが好き。そして私は『Do you wanna party now ?』のところの風磨くんの動きが毎回ちょっと激しいピコ太郎にしか見えなくて困った。しかもこれは去年から。

 

◯プンププンプン

振り付けがめちゃめちゃ楽しい!!楽しい上に簡単で覚えやすい!!5人も会場のお客さんもみんな一緒になって踊るあの空間幸せそのもの。最初の風磨くんの「カァモォン」が好き。あと勝利くんの全力の『プンププンプン!ププンプン!!!!』が可愛すぎる。お顔がきゅっと顔の中心に寄ってるしょりちゃんベリーキュート。毎回勝利くんがそうやってやるのを分かってるのにいざそれを目の前にするといつも初見かってくらいその可愛さに悶える。センステからバクステに向かって5人が一列になって、それぞれが前の人の肩に手を置いて踊りながら進んできてくれるのがもうかわいい。その光景を勝手にSexy汽車ポッポって呼ぶことにした。

 

◯カラフルEyes

カラアイも振り付けが楽しくて好き!バクステで会場にいるお客さんを見上げながら歌う5人の顔がニコニコで、見てるこっちもニコニコに。

 

◯Mari(AI)の挨拶

去年のマリちゃんの挨拶も楽しくて素敵だったけど、今年はさらにパワーアップしてた!カッコいい!マリちゃんと会場のお客さんとの息がピッタリなのが毎回嬉しくてたまらなかった。(マリちゃんが何か良いこと言う→<お客さん>「フゥ~~~!!」の流れ)来年のツアーはどんな感じになるのかな~って今から楽しみ。

 

◯Birthday for you

ここで衣装チェンジして登場。そしてヘアバンドケンティーが降臨。この時毎回会場の空気がざわっと揺れるのが面白い。個人的に『みんなでおめでとう!誕生日おめでとう!』のところが好き。

 

◯会いたいよ

ここでメンステからバクステにトロッコで移動。コンサートじゃなくてもこの曲を聴くと「あーーートロッコ来るーー!!!風磨くんどこや!!!」ってなんだか気持ちが焦る。今回一度だけ私のいるブロックの横の通路を風磨くんが通って、真下からトロッコに乗ってる風磨くんを眺めてたんだけども真下から見ても風磨くんは最高にカッコよかったし輝いてた。今思い出しても輝いてる。曲終わりが近づくとまたトロッコに乗ってメンステに戻る。風磨くんはトロッコには乗らずに真ん中の花道を通っていち早くメンステに戻り、次のソロに向けてステージからはける。

 

◯My Life(菊池ソロ)

やってきました風磨くんソロ。会いたいよが終わって暗転したステージにスポットライトがパッと光ったかと思うとそこに登場する風磨くん。それと同時にステージ右にあるホワイトボードにもライトが。そして音楽も映像も流れていない静かな会場の中でオレンジ色のスプレーでホワイトボードに「My life」と書いて曲が始まる。サマパラぶりのMy Life。去年のサマパラ(風磨ソロ公演)は一回しか入ってないから正直この曲ってどんな感じで歌ってたやろって記憶が無かった。けどまたこうしてツアーで見ると、見れば見るほど風磨くんお得意のエモーショナルな空気感にどっぷりハマった。サングラスをかけて歌っているからあんまり表情が見えなくて、またそれも見たいのに見れないもどかしさが良い。一度だけバクステ目の前の席に入った時にがっつり表情が見えた時があったけど、それもそれでとてつもなく最高なものを見てしまった高揚感で頭がいっぱいになった。どっちにしろ風磨くんが最高にカッコ良かった。サングラスで目がどこを見ているか分からないから「今目合った!!!」って勝手に思い込めるから一人でニヤニヤしてる時もあった。Shot of tequilaを太陽の合図でsay cheersする風磨くんにドキドキしっぱなし。背中に手を回した時にスクリーンいっぱいに映る白くてなめらかな風磨くんの手が好き。今になって色々考えてると私は風磨くんが好む世界観ってそういや苦手だったな~(それかあんまり興味がなかった)と思った。けどこうして風磨くんを好きになって今まであまり知らなかった世界に触れることが出来て、新たな感情に出会えた気がする。

 

◯Mermaid(松島ソロ)

かわいい聡ちゃんのとってもかわいいソロ曲。バックのスクリーンに合わせてかわいい動き。今までの聡ちゃんのダンスはとにかくしゃかりきに!いつも全力で!って感じだったけど今回ソロもそうだしツアー全体で見てもガッと動くところとスッと力を抜いて余裕のあるダンスをするところが上手いことバランス良く出来ていて、今まで以上に聡ちゃんのダンスを見るのが楽しくなった!!去年のブレマイのカッコいい演出からの振れ幅が最高。横アリでは登場時にヨコアリくん(横浜アリーナのマスコットキャラクター)を持って登場するのがかわいい。去年に引き続きヨコアリくん推し。

 

◯Kiss You Good-Bye(佐藤ソロ)

 ちょっと宝塚っぽい、もしくは帝劇のジャニ舞台っぽい演出でとても好み。勝利くんはこういう華やかな演出が似合う。「シュドゥビドゥビドゥビドゥビドゥビドゥビドゥバァ!!」が好きすぎる。これに合わせてペンライトを振るのが好き。あとは最後の『Gonna miss your love…』の「ガナミスユアラァ~~~~~アァア~~~~~♪」のところでペンライトくるくる回すのが私の中での決まり。めっちゃ楽しい。来年もまたホルンを吹く姿が見たいな~~

 

◯Pheromone

ここからまた5人に。この曲も宝塚っぽい。(さっきから宝塚っぽいとか言ってるけど宝塚は見たことがない)健人→風磨→マリ→聡→勝利の順に(合ってるかは分からん)スポットライトに照らされて登場し、それぞれの立ち位置につく。風磨くんはステージ左端。(客席から見て)後ろ向きにステージ上の階段を降りる振りがあって、その時の風磨くんのお尻がプリプリプリティー。ほとんどお尻しか見てなかった。風磨くんのお尻担。『I get, get~~そこの髪の長い君~~♪』のところからの独特なカメラワークにじわっと笑いが込み上げてしまう。そして最後の勝利くんがカメラに抜かれる時だけ何故だか別撮り映像で着てる衣装も違うからちょっとだけ頭が混乱した。『矢となり心を狙ってんだよ』のところの風磨くんがカメラに抜かれて親指と人差し指で丸を作ってそこから目を覗かせるジェスチャーが好き。

 

◯Celebration!

きたきたセレブレ。けど実はあんまり記憶が無いから書くことがない。

 

◯忘れられない花

この曲が今回のツアーセトリトップバッターになると思ってた。曲が始まる前にスクリーンにMVの氷漬けせくしーが映るのに毎回「ぎゃーーーーー!!!!」って心の中で叫んでた。あれは何回見ても慣れんな。ぴちぴちズボンがよりセクシーさを醸し出してる。5人とも足細いな~~

 

◯O.N.E~Our New Era~

ツアーが始まるまでこの曲はあまり聴いてなかったから、ステージの至るところで激しく体全部を使って歌い上げる5人の姿に心を鷲掴みされた。曲の終盤になって5人でセンステで円になって拳を掲げて歌うところがたまらなく好き。この拳を掲げるのは横アリから追加されたらしい。曲が終わるとバンッてメンステから上がる特効がカッコいい。その特効をまるで自分が打ち上げたかのように自分の手を特効と合わせてバンッと上げる動きが好き。打ち上げ花火師風磨。風磨くん越しに特効が打ち上がるところを見ると本当に打ち上げてるっぽく見える。最高。

 

◯イノセントデイズ

横アリ公演からセトリ入り。振り付けがシンプル。どこかの風磨くんパートでライトに照らされた風磨くんの横顔をカメラが抜いてくれるから、スクリーンにその綺麗な横顔が映し出されて毎回「美しい…」って惚れ惚れしてた。

 

Luv Manifesto(中島・松島・マリウス)

きましたラブマニ。めっちゃ好き。この曲のケンティー好きすぎる。赤スーツが最高に似合う。好き。あと聡くんとマリちゃんの歌声がこの曲をさらにカッコ良くさせてる。「2人ともこんな声してたっけ!!?」ってこの曲を始めて聴いたときびっくりした。城ホで見た時はまだフィンガータットもちょっと焦ってるところがあったけど、横アリでは3人とも完全に自分のものにしていたのがさらに良い。こうやってツアーを通して1つのパフォーマンスがどんどんレベルアップするのを見ることができたのが嬉しい。聡マリちゃんの「愛は異なる 愛は甘い」「愛があるから生きていたい」「愛は純粋 愛は白い?」「愛は気まぐれ 愛は黒い」が個人的に好きポイント。リズム感が好き。あとマリパートの「人と違うのさ僕の場合」も好き。ここはマリちゃんが歌うからこそ心にドンときた。3人でハートを作るところも好き。この曲を披露してる時にステージ横の待合室みたいなところで次の曲のスタンバイをするふましょりがフィンガータットもどきみたいなのを2人で楽しそうにやってるのが可愛い。その姿がカメラに抜かれるのが終わるとすぐに立ち上がってスタンバイするべくはけていく。切り替えの早さよ。今思うとちょっとじわっときた。さっきまであんなに楽しそうにしてたじゃんかよー!!!(笑)

 

◯Sing along song(佐藤・菊池)

しょりちゃんがギターとスタンドマイク、ふまちゃんがスタンドマイク。風磨くんの赤みの強いオレンジ色のちょっとサイズ大きめのパーカー衣装が好き。ちょっと切ないメロディーも好き。スモーク演出が風磨くんっぽい。

 

◯Mission(中島ソロ)

も~~~~うめっちゃ好き。中島健人のソロは最高。健人担じゃなくてもMission が始まると会場にいる人みんなが健人の女になる。ずっとずっと見たかったTシャツ破りを始めて目の当たりにした時のテンションの上がりようが半端なかった。頭の中でどっかんどっかん花火が打ち上がった。中島健人最高。最初に登場してからビリビリ~って会場に電気みたいなやつを張り巡らしていく演出が好き。城ホの時と比べて横アリではかなり激しくお客さんを煽ってたのが印象的。見学に来た嵐のメンバーにアドバイスをもらったとかなんとかかんとか雑誌で話してた。バクステでTシャツ破った後に、マイクを通していない地声でバクステ付近を全力で煽ってる声を聞いた時はその迫力と中島健人の底力に震えた。去年のサマハ二も素敵すぎたけど、さらにまた違った面で最強な部分を見せてくれた。来年はどんなソロになるやろか~って考えただけでニヤニヤする。あと最後に、衣装についてた大きいファーが好き。

 

◯Déjà-vu (マリウスソロ)

去年のダンケシェ~~~~ン!!!からの振り幅がすごい。演出を風磨くんが担当したらしくかなり大人な雰囲気に。サスペンダーの紐をぐいーんと引っ張る仕草が最高にセクシー。マリちゃんいつからそんな色気を出すようになったんや…最後に女性のシルエットがスクリーンに映し出され、緑色の炎によってバッと燃えて消える演出がなんともカッコいい。女性のシルエットの案がもうすでに風磨あるある。

 

◯名脇役

実はこれもあんまり印象がない。風磨くんの歌声が今にも消えてしまいそうな儚さを持っててちょっと切ない気持ちになった。

 

PEACH!

歌う前にミニコーナー。スマホアプリの乙女ゲームみたいなやつ。プレイヤーが風磨くん、ゲームに登場するのが風磨くん以外のメンバー4人。ルーレットで4人のうち一人が選ばれてステージに登場。そこで出されたお題にその選ばれたメンバーはキャー!ってなる感じの言葉を言う。プレイヤーふまちん時々オネエっぽくなる。「4人のピーチは俺。俺のピーチはここ(自分のお尻を指さす)」のくだりがめちゃめちゃ可愛かった。全部で6公演入って4人全員コンプリート出来たのは嬉しい。中でも生意気なシャンパンボーイが好き。(勝利くんのキャラ)私的オーラスで初めてゲームオーバーが存在することを知る。

そんな後から始まるPEACH!。ピンク衣装に身を包んだ5人がとにかく可愛い。『きみにね~振り向いて~』のところの頬っぺたぷくーってするふまちゃん。さっきまであんなにワイルドにTシャツまで破いてたケンティーがゆるふわ可愛い姿に。振り付けも可愛いし覚えやすい。

 

◯スキすぎて

5人もファンも一緒にくるくる楽しいスキすぎて。なんであんなにくるくるするだけで楽しいのか。会場にいる一人一人が全力で手をくるくるしてるあの空間が好き。私が入った中で恒例のおふざけふまちゃんが見られたのが何より嬉しい。

 

◯ラブマジ

「未来がKURU KURU~ 夢中にNARU NARU~」のとこの風磨くんがブリブリしててオススメ。

 

Ladyダイヤモンド

これもあんまり覚えてない。スタトロ曲はほとんど記憶がない。

 

◯ぎゅっと

毎回イントロでカメラをポンポンする風磨くんにときめく。歌詞もメロディーもほっこりしてて5人のお顔もニッコニコで会場全体が優しさで包まれてる感じがした。レポをほとんど読まないから城ホ以降のことを知らなかったためにせーの!ぎゅっと~!の流れに乗れず。あとスクリーンとカメラを上手く使った中島がいっぱいいる芸がツボに入って、それ以降の曲でもいっぱいいる中島を思い出して何度も笑いそうになった。

 

◯Fantasy~1秒の奇跡~

 曲が始まる前に「ペンライトを消してください」とスクリーンに映る。(横アリではアナウンスも一緒に流れてた)真っ暗な会場のど真ん中に色とりどりの光で作られた円筒形の小部屋みたいなのがセンステにできる。その中で5人が歌う。こういう演出を始めてみたから最初はただただ圧倒されて眺めるだけだった。曲の終わりあたりで5人が煽ってくれるけど、ペンライトを消してることもあってお客さんもどうしたらいいか分からず。けど横アリではその煽りに上手くお客さんも乗って全力で楽しめる空気感ができていて私も自然とペンライトを振ってノリノリになった。横アリに入るまでの期間、この部分をずっと勝手に心配してたんだけどもこうして形になって良かったな~と思った。

 

◯Silver Moon

も~~~好き。めっちゃ好き。シルムン愛してる。白い衣装に身を包んだ5人がライトを浴びてSexyリフターZに乗ってくるくる回ってる。(SexyリフターZ→センステが変形して回るのを5人がこう名付けた)「Silver Moon 空で輝く~♪」のところで5人と一緒に踊るあの時間が大好き。幸せで満たされる。ステージに乗ってくるくる回る風磨くんを双眼鏡を覗きながら追いかけるのがめちゃめちゃ楽しい。そして風磨くんがめっちゃ美人さん。いつもデレデレしながら見てた。

 

◯フィルター越しに見た空の青

演出で出てくる青色紙吹雪の量と威力が半端ない。一度センステ近くの席に入った時その紙吹雪でダメージを受けた。城ホではそれがシャボン玉だった。個人的にはシャボン玉のほうが好きだったりする。城ホでもちょうどセンステ近くに入った時、シャボン玉が浮かぶ中ライトに照らされて歌う風磨くんを含めたその光景全てが美しくて、それを下から見上げていたあの時間が今でも忘れられない。ただただこの景色をずっと見ていたいと思った。

 

◯君にHITOMEBORE

5人で君米を歌う姿が見れて嬉しかった!健人くんの全力の「好きなんだよ マジで!!!」に毎回ハートを撃ち殺されてた。

 

Sexy Zone

風磨くんがぶりっ子全開で歌ってくれる。バクステ目の前の席に入ったとき、バクステで風磨くんがぶりっ子炸裂させてくれるもんだからもうたまらんかった。いくらでも見れるわ。あぁ眼福眼福。

 

 

 

書いてたらめちゃめちゃ長くなってしまった。書いてる時もあ~~楽しかったな~~戻りたいな~~なんて思いながらパソコンぽちぽちしてた。

このツアーを通して個人的に勝手に思ってるだけだけど、風磨くんがずっとずっと楽しそうで良かった。別に去年も楽しそうだったし、いつも不機嫌とかいうわけじゃないけど、とにかくなんかずっと楽しそうで自分からメンバーにわちゃわちゃ絡みに行ったりしてる姿がいっぱい見られて嬉しかったし楽しかった。

あとやっぱりお話もトークを回すのもどんどん上手くなってて毎回すごいな~と改めて実感してた。この風磨くんの素敵ポイントがもっと仕事になって色んな人に知ってもらえたらいいなあ。

今回割と5人を近くで見れる機会が多くて、そんな中でも強く頭に残ってるのが一番上のお客さんまで見ようと顔を目一杯上げて楽しそうに歌う5人の姿。そんな姿を見て「あぁ~~幸せだな~」と思ったし、5人が愛しくて愛しくてたまらなくなった。この愛で明日も明後日もその先もずっと生きられると思った。生きなきゃいけないし、もっと幸せになろうと思った。

 

あぁ~~~~ありがとうSexy Zone!!!!!!!

 

 
f:id:kuzuson:20180718151751j:image

 

 

 

関西ジャニーズJr.春休みスペシャルShow2018 感想メモ

大阪松竹座 2018/3/14 17:30公演】

 

・SHE IS MY…の和也くんカッコ良すぎて。

・最後の挨拶でずっと「ありがとございまーーーす!!!」って言ってた和也くん素敵。

・大家の息子。るーたくんにパーカーのフードを掴まれて、「進めへーーーーん!!!」がもうとにかく可愛い。

・コントでの最後の方の泥棒をやっつける(?)とこでみんなが次々と攻撃する中、大家の息子だけ「おなかすいたーーーー!!!!」。そりゃ10日もごはん食べてなきゃお腹も空くわなあ。「10」を手で表してくれた時、和也くんから見れば「10」だけど私らからみたら「01」だった。

・大家さん(大地くん)髪の毛乱れがち。それを優しく丁寧に直す息子。

・さくらガールのこじけんの表情が最高。素敵な笑顔。でもちょっと儚い。

・とあちゃ息子にしたいJr.ナンバー1。

・しずまいでご飯100杯イケるくらい好き。

・けど最初にカッコよさで頭ぐわ~~んってなったからか記憶が乏しい。

・「ほっぺにキス」のとこで自分のほっぺをトントンってする和也くんを見て天に召された。

・FIRE BEATのヘドバン。和也くん想像以上に激しい。首取れそう。でもそれがめっちゃ好き。

・カフェ風のセット良い。そこから代わる代わる踊り始めるのが見てて楽しかった。

・タロウのエサがGODIVAのチョコ。

・こーじに「あんた今日のPON!でコメント全然使われてなかったやないの」って言われるるーたくん。

・みっちーと長尾くんが手つないで両手上げて「僕たち今日中学校卒業しましたー!!」会場「ぎゃーーーーーーーーーー!!!!おめでとうーーー!!!!」

・空に消えてったむろろん

・ぜんざい屋のセットに「関西ジャニ―スJr.カレンダー発売中!」の張り紙。

・お客さんの上着を着るこーじばあちゃん。「メルカリで売ったらあかんで!!」

・こじけんの松潤をまっちゃん呼び。

・時空を超えてティッシュを届けに来たこーじばあちゃん。

・タロウの「愛したくて~~愛されたくて~~」

・ポリスこじけんのスタイル抜群。好き。

・18歳の国数理さん。

・ポストの妖精りちゃ。

・そしてポストの妖精からストレッチマンに。

・スポーツスタッキングで失敗してしまう和也くん。けど最後は綺麗に決まってた。素晴らしい。

・なんかの曲で正門くんと目が合った和也くん。2人してニヤニヤ。

 

 

大橋和也くんは無敵。<ミュージカル「リューン ~風の魔法と滅びの剣~」>

 

3月8日、梅田芸術劇場にて関西ジャニーズJr.の大橋和也くん、藤原丈一郎くん主演のミュージカル「リューン ~風の魔法と滅びの剣~」を観劇してきました。

今年に入ってから和也くんのことが気になり始め、関ジュ担の方々のTwitterを覗いていると近々主演舞台を丈くんと務めることを知りました。

もうそれを知った時は和也くんにデロデロの状態で「主演だなんて!!観に行かないと!!!」という思いが強く、手元にないリューンのチケットをありがたいことにお譲り頂き、主演を務める和也くんの姿を観に行ってきました。

 

 

私が和也くんに惚れたきっかけは、歌声でした。もちろん和也くんのビジュアルやダンス、性格なども知れば知るほど素敵で、魅力溢れる存在だなと現在進行形でひしひしと感じています。しかし和也くんの歌声を聴いて「あ!!!!!好き!!!!!」となったこの感覚が今まで感じたことのないもので、自分でもびっくり。

 

そしてリューンでもやっぱりダイの一発目の歌声に心を鷲掴みされました。

リューンを観劇する前に、丈くんと一緒に載っている演劇系の雑誌をいくつか買って読んでいました。その中で和也くんが「自分の歌声があまり好きではない」みたいなニュアンスのことを話していて、まだまだ和也くんのことを知りたての私はかなり驚きました。だって私が和也くんに惚れたきっかけが和也くんの歌声だったから。

リューン・ダイの歌声もやっぱり素敵で。最初から最後までずっと、言葉にならないような思いが頭の中を駆け巡っていました。

 

ここからは自分用のリューンメモ。

・簡単に殺せるぞ!のリューン・ダイの表情。

・弔いの旅に出たダイの表情。

・満面の笑みで楽しかったでーす!からのくるっとキャストさんの方を向いて(ステージの上で1人だけ回転してた)人生楽しいですー!!

・奴隷の島の雨がフローの笛の音によって止み、虹がかかった時の7色の照明が客席を照らしてるのが綺麗だった。

・登場人物の名前をスクリーンに映してくれるのめっちゃ分かりやすかった。ありがたい。

・ダイが村の人々を殺し、走り去ってしまい、フローが僕が身を挺すと約束したと、エルカとファンルンと一緒にダイを探す旅に出るシーンで泣いてしまった。

・人を殺す時のダイの表情が本当に恐ろしかった。

・滅びの剣に操られている中でダイの自我が一時的に戻っていながらも人を次々と殺していく様が恐ろしくもあり悲しくもあった。

・最初の劇団の稽古に遅れそうになったダイとフローが2人で走りながら歌うシーンが好き。

・フローの切られた下をめっちゃガン見してしもうた。

・滅びの剣とそれに唯一勝てるであろう剣がライトセーバーみたいだったけどよく見たら普通の剣にくるっと電飾が巻き付けてあった。

・和也くん絶対わき毛ない。何回双眼鏡で脇見たことか。なんにもない。

・和也くんの声量よ。

・ダイの一発目の歌声に心臓撃ち抜かれた。

・カテコのキャストさんと順番にハイタッチする和也くん。「いえーーい!いえーーい!いえーーい!痛っ!!!」誰かとのハイタッチで負傷したのか。ちなみに「いえーーい!」って言ってたのは和也くんだけ。

・一角狼座の劇中でガンドラ王がキレキレのロックダンスみたいなやつを踊ってた。ジャニーズ出ちゃってるよ!!

 

とにかくとっても楽しかった!!

ミュージカル自体久しぶりでしたが、冒頭からリューンの世界観に引き込まれ、物語が進むにつれてどんどん自分もリューンの世界の住人になっていくような感覚に。本当に素敵なミュージカルでした。

 

そしてこの日のカーテンコールでの和也くんの挨拶。

本日は足を運んで頂きありがとうございました!

大阪公演2日目でね、毎日楽しくてほんま楽しいです!こうやって舞台やってる時や皆さんと話してる時とかほんま楽しいです!ありがたいです!人生楽しいです!

 

この和也くんの言葉を聞いてから帰りの電車の中でずっと考えていました。そして突然パッと「そうか!和也くんは無敵なんだ!!!」と私の中でぐるぐる回っていた感情の答えが出ました。

 

和也くんみたいに「本当に楽しいです!!」とか「人生楽しいです!!」とかって今の自分は言えないなあと。それ以前に口に出したことってあるのか??あってもいつ言ったっけ??と改めて考えていました。

かんじゅ日誌でも「生きててよかったーー!!」「人生最高ーーーー!!!」「幸せやーーーー!!!」と話してくれる和也くん。

もしかしたら本人はそこまで考えていないかもしれないし、そこのところは私には分からないけれどこうやって素直に「楽しい!!」「幸せ!!!」って言える和也くんって無敵だなと思いました。無敵だからこそ出る言葉じゃないのかなあと。

8日のカーテンコールで見せてくれたあの笑顔と「人生楽しいです!!」が今でも鮮明に蘇ってきます。

 

そして何よりこの和也くんの言葉で私自身とても救われました。

個人的な話ですが、今年に入ってから私の人生でこんなことが起こるとはという出来事がありました。それからというもの前を向かないといけないとは分かっていても、苦しさや悲しさ、しんどさばかりに心を支配されこの先どうすればいいのだろうと目の前が真っ暗になっていた状態でした。

そんな時にリューンを観劇し、和也くんの言葉を聞いて「あ、そうか。私も楽しいって思える人生に自分ですればいいんだ」と今までの悶々としていた日々が嘘かのように目の前が晴れました。

「どうしよう」とか考えるんじゃなくて和也くんみたいに「楽しいでーーす!!」って満面の笑みで言える人生を自分で作ればいいじゃんか!!!!すごい!!!すごいよ和也くん!!!!ともう本当に本当に救われました。

 

人生を最高に楽しむ和也くん。

生きてて幸せーー!!楽しい!!!な和也くん。

 

そんな和也くんをこの目でこれからも見ていたいなあと思いました。

無敵な和也くんの姿を見れば、私も無敵になれるような気がします。

 

おわり。

 

f:id:kuzuson:20180318174220j:plain

 

 

風磨担のファンレター事情 ~推しへのお手紙に関する30の質問~

 

お久しぶりです。2018年一発目の記事です。今年も自分のペースで楽しくジャニオタ活動をやっていきたい所存です。

ちなみに先月ジャニーズjr.祭りに行ってきました。も~~楽しかった!!

個人的にトラジャが好き。

 

今回はお手紙書くの大好き芸人兼風磨担の私による、こちらの方が作成してくださった「推しへのお手紙に関する30の質問」をやっていこうと思います。

kwisnmkt.hatenablog.com

 

1.初めて渡した手紙を覚えていますか?

風磨くんに初めて手紙を送ったのは去年の風磨くんの誕生日の時。それ以来頻繁に書いては送り、ワガヘヤ期には毎週感想書いて送ってた。ちょっと今考えると気持ち悪い。風磨くんすまんね…


2.封筒、便箋にこだわりはありますか?

文房具屋さんに行ってこれだ!!って思ったものを買う。担当カラーのものだとかそういうのはあんまり考えない。ただただ自分の好きなデザインのものを買う。

あとレターセットを買うと絶対便箋が先に無くなって封筒だけが残ってしまう。だから無印良品の便箋を使って残ってしまった封筒を活用してる。


3.便箋何枚くらいの手紙を書きますか?

平均2,3枚くらい。風磨くん好き好きゾーンに頭が突入した時は10枚くらい書く。最近10枚描いたのはサマパラ終わりに送った時。またまた気持ち悪くてごめんよふまたん…

 

4.手紙を渡す頻度はどれくらいですか?

2ヶ月に1回くらい。けど時と場合によっては週1で出す。


5.マチソワ間での手紙は書いたことがありますか?

風磨くんの舞台を残念ながら観に行ったことがないためありません。


6.下書きを作成しますか?

最初の頃は下書きを書いてから本番みたいな感じで書いてたけど最近はもうそのまま下書きなしで書いてる。


7.下書きをする場合はどのような形式ですか?

箇条書きで書きたい内容をババっと書いて、そこから文章の形にする。そしてその文章にしたものを手紙に書く。


8.下書きまたは手紙の文章を考えるタイミングはありますか?

普段電車に乗ってたり歩いてたりする時に突然思いつくことが多いからその都度スマホのメモに保存してる。さあ手紙書くぞって時にそのメモも参考にしながら書く。


9.下書きまたは本書きの履歴は残っていますか?

最初の頃の下書きは保管してある。あと10枚くらい書いた時も本書きのものを写真に撮って保存してる。内容がなかなか恥ずかしいものなので絶対誰にも見せられない。いつぽっくり死んでしまうか分からないから早めに処分しときたいなあと最近考えてる。


10.便箋に文字を書くタイミングは決まっていますか?

夜に書くとテンション高いから気持ち悪い文章になりがち。だから昼間のうちに書ける時は書く。(けど昼間に書いても気持ち悪いオタク魂によってどのみち気落ち悪い文章になる)


11.手紙を書きながら予定していたことより文章が増えることはありますか?

ある。毎回増える。


12.時節の句や締めの句など手紙の様式に沿った書き方を心がけたりしますか?

文章の最初の方に「最近寒くなってきましたね」とか「雪大丈夫でしたか」とかは書く。あと完全に自己満足だと思うけど自分の近況も一緒に書いて、そのうえで「風磨くんは最近どうですか?」みたいな流れを作る。風磨くん相手の近況知るの好きでしょ??(遠くで「どうでもよ~~」って声が聞こえる)


13.書かないように気を付けていることはありますか?

ネガティブなことは書かない。

 

14.これは必ず書いているということはありますか?

雑誌とかテレビ番組に出演したときの感想を必ず書いてる。「ここの風磨くん素敵でした!」みたいに。あとコンサートの感想とかも。

最後には「応援しています。また会える日を楽しみにしています。」って書く。


15.宛名に「~~へ」や「Dear」、「To」などは書いていますか?

いつも「風磨くんへ」って書く。


16.手紙本文の書き出しで名乗りますか?

名乗らない。(名乗ったほうがいいよね…)


17.手紙本文の書き方は敬語ですか?

敬語。


18.手紙の中に推しの名前はどれくらいの頻度で出てきますか?

めっちゃ出てくる。10枚書いた時の下書きを数えてみたら19回「風磨くん」って書いてた。


19.手紙の中に好きという単語はどれくらいの頻度で出てきますか?

(下書きを数えたら)1回。「好き」より「素敵でした」とか「カッコいい」とかの方が良く使うかも。


20.手紙の中に必ず入れてしまう自身の癖のような文章はありますか?

「素敵」って言葉を多用マン。


21.便箋にページ番号は振っていますか?

振ってない。振ったほうがいいのかな…今度から振ってみよう…


22.本文最後に自分の名前以外に書いていることはありますか?

風磨くんが1日1食みたいな話をしてた時は「体調気をつけて!ごはんいっぱい食べて!」みたいなことを頻繁に書いてた。それ以外だとやっぱり「応援しています」かなあ。

あと時々封筒の方にも書いてるんだけど住所を本文の最後に自分の名前と一緒に書くことがある。


23.最推し以外に手紙を書くことはありますか?

ある!他のメンバーの誕生日の時とか。


24.最推し以外への手紙の頻度はどれくらいですか?

誕生日以外だと映画主演の時とか。けどそれ以外は書かないかも。


25.下書きを読み返すことはありますか?

ない。今日「風磨くん」と「好き」を数えるために初めて読み返した。


26.読み返した下書きについて手紙や別の形で推しに報告することはありますか?

ない。


27.手紙を書いている上で自身が変わったなと思うことはありますか?

最近の手紙はシンプル。書き始めたばかりの頃はも~~~~~う気持ち悪い。けどそんな気持ち悪い文章を書く自分も嫌いじゃないです。気持ち悪い文章大好き。


28.手紙について推しから言及されたことはありますか?

ない。けど雑誌で時々手紙読んでるよ~みたいなことを話してたりはするから読んでくれてるもんだと勝手に思ってる。


29.手紙に書けないけど伝えたい想いはありますか?

めっっっっっっっっっっっっっちゃある。けどこの想いは手紙に書いて伝えるもんじゃないなと思ってるから多分これからも書かない。自分の胸に閉まっておくかTwitterで呟くかブログに書く。


30.自分の手紙と推しについて語りたいことをどうぞ 

普段風磨くんを応援しているともうね~~~本当に本当に素敵なんですよあの方は。愛と優しさに溢れた素晴らしい方なんですよ。

だから1つのことを見たら10も20も風磨くんへの想いが出てくるわけで。そしてそれを風磨くんに伝えてぇ!!!!!ってなるんです。

Twitterで呟いてもブログに長文でしたためても風磨くんに届いているかなんて分からないじゃないですか。それで私が辿り着いたのが手紙だったわけです。まあ読んでくれているのかは私にはずっと分からないわけだけど、どの手段よりも「応援しています」が伝えやすいのかななんて勝手に思ってます。

私の手紙1通なんかで何か風磨くんの力になれるとは思いませんが、もし読んでくれた時に少しでも幸せな気持ちになってくれたらいいなと思いながら書いてます。

もうすぐで風磨くん23歳の誕生日なので今も何を手紙に書こうか考えてる。

多分これからも手紙を書き続けるんだろうな~。

 

 

おわり。

 

 

 

最近思うことあれやこれや。

 

最近、私が思うあれこれをつらつら~と書いていきます。

 

先日Twitterでジャニーズのシングルの年間売り上げランキングを目にしました。SexyZoneはどこらへんかな~と軽い気持ちで見たのですが、私が思っていたよりランキングの下の方に名前とシングル名があり、ショックを受けてしまいました。

 

私の中でSexyZone、そして風磨くんは何にも、誰にも負けないくらい素敵な存在です。だからなぜこんな位置なの??と思いました。

まあそりゃ一番好きな人たちだから自分の中では一番なのは当たり前なんだけど、世間的に見るとこのくらいなのかと思うと、とても悲しくなってしまいました。

 

他にも活躍したジャニーズランキングのようなものを見たときもギリギリ健人くんがランクインされていただけで、正直風磨くんもそうですが他のメンバーも誰かランクインしているだろう、健人くんに関してはもっと上だろうと思っていました。なぜなら私がこの一年間目にしていたSexyZoneは大活躍そのもので、演技も、CMも、バラエティーにもたくさん出て楽しくて幸せな記憶しかなかったからです。だけどそれは私がSexyZoneのファンで、ファンとして彼らを見ていたからであって、外から見ればそうでもないのかな。やっぱり悲しい。

 

2017年、本当に本当に楽しかったんですよ。

 

5周年イベント、STAGEツアー、ワクワク学校、サマパラ。どれも最高に楽しくて幸せで、SexyZoneに会えること、会えたことで日常生活も頑張れたし、自分の中で物事に関する考え方も変わり、それによって大袈裟かもしれないけど、人生って楽しいなあと思うようになった。

 

だからこそ私が自分の目で見た、体で感じたSexyZoneと世間から見たSexyZoneの差に驚き、悲しくなり、悔しくてたまらなくなりました。

 

最近こんなことばかり考えてもやもやしています。

 

ぎゅっとが発売された時、追いぎゅっとみたいなやつがあったじゃないですか。

私はそのファンが一位のなるためにシングルを買い足すのがあまりしっくりこなくて、「SexyZoneが一位になるために!」「みんなで一位にしてあげよう!」みたいなツイートを見るのが苦手でした。

だってそれはファンが作り上げた一位であって、本当の一位じゃないじゃん、一位にさせるのは本人たちの仕事であってファンの仕事じゃないとずっと思ってました。

 

今でもこの考えは変わってはいませんが、以前は無かった「売れてほしい」という感情が今どんどん膨れ上がってきました。多少なりとも「売れてほしい」とは思っていましたが、それほど真剣に考えてはいませんでした。自分が楽しけりゃいいやって思っていました。

 

売れてほしい。SexyZoneに売れてほしいと強く思います。

こんなにもたくさんの幸せを与えてくれる5人が売れないんてやっぱり駄目だ。

売れなきゃ駄目だ。

 

だけども「売れてほしい」と思う気持ちが強くなりすぎてしまうと、今までに比べて応援のスタイルがただ「好きだから」じゃなくて「売れてほしいから」という気持ちが中心になって、応援が「義務」にならないよう気をつけていかないとなと思います。

 

風磨くんが色んなところで「5人で冠番組を!」と話しているのが早く実現しないかなあ。2017年、「主役を務める」という目標を実現させた風磨くんならきっと冠番組も近々実現させるんじゃないかなと密かに思っています。出来る男菊池風磨ですからね!

 

売れようSexyZone!!

売れるぞSexyZoneーーー!!